スペシャルコンテンツ
SPECIAL CONTENTS

アラタナ+Special Talk

アラタナ+株式会社Sumally山本憲資様

Sumally (サマリー)で街を創り、未来の情報の伝わり方に変化を与えたい

濵渦
いつも、お酒の席でお会いするばかりですが、今日は少し真面目なお話ができればと思います。(笑)

山本さんの印象は他の人と「物事に対してのアプローチが違う」の一言につきます。
WEB業界の中の人が作るサービスのコンセプトと、Sumally のアプローチは全然違う。

山本さんのこれまでの人脈や経歴が反映したサービス創りや運営のされ方に魅力を感じます。
WEB業界の中の人が作ると、海外で流行っているからコピーしてサービスを作って、カッコいいでしょ・・・で終わっている様な気がするんです。(苦笑)
山本様
ハマちゃんには、僕の事、「ビールをよく飲むおじさん」になっていると思うので(笑)、今日は「いい人だ」って思わせる事を目標に話をするよ。(笑)

まず”WEB業界”で、いけてるとかいけてないとか、有名とか有名じゃない、というのはそれほど重要なこととは思っていない部分も、ある意味ではあったりします。

例えば、飲食店を検索したり誰かとシェアされるようなアプリが出てきているけど、WEB業界ではなく、「外食ガイド」というカテゴリで評価されるべきと思っている。
ミシュランも東京カレンダーも食べログも同じカテゴリ、という視点ですね。

サービスの見た目のクオリティーや新しい技術ももちろん大事ですが、あくまでも「いかにレストランへの集客力があるか、店のPRになるか」という視点で考える必要があるのでは、と。

Sumally

Sumally は、ファッション雑誌に近い部分が多々あります。

山本様
Sumally (サマリー)に関していえば、そこでモノを欲しい、買いたいと思えるか、そこで持っているモノや欲しいモノを見せたいか、そういう視点を非常に大事にしています。そういう意味では(ファッション)雑誌に近い部分が多々ありますね。


あと、Sumallyのメタファーとして、リアルに考えた場合、”街”を使うことも多いです。似たような趣味の人たちがゆるやかにつながって、そこに商業施設が集まってきて、またそこに人が集まる。

たとえば、表参道なら表参道に集う人々のセンスってのがあって、その前提でいつい物を買ってしまったり、という購買活動が起こっているような気がします。それは、渋谷にも秋葉原にも、それぞれのセンスがありそのセンスが好きな人が集まり、、、、という構造は同じですよね。
その構造をウェブ上でもしっかり作っていく、ということがSumallyのやるべきことだと思っています。

山本憲資様

インターネットだからできるアプローチを。

濵渦
なるほど、そう考えると、FacebookやTwitterは居酒屋みたな感じですね。
「○○さんって○○使っているだ」「○○っていいよね」そんなコミュニケーションが繰り広げられているイメージで、間接的にはコマースに繋がるだろうけど、直接コマースを完結させる場としては、適合性というか、マインドスイッチの面で課題があるかもしれないですね。
山本様
後、今のeコマースは、欲しい物があってユーザーは探して購入する。つまり探している物しか見ない、目的買いの傾向がある。 それよりも、これもまた雑誌に近い部分がありつつ、同じセンスや好きな人のセンスの中で、物に触れ、本来出会えるはずじゃなかった物に出会え、そして購入する。。。。そのプロセスをしっかりと作って行きたいですね。
濵渦
ある意味のインターネットの課題を解決していくアプローチですね。
山本様
インターネットだからできるアプローチといえるかもしれないね。
雑誌であれば、発行するまでに時間もかかるし、発行してしまえば修正がきかない。
でも、インターネットであれば、その弱みを解決できるし、ソーシャルメディアを使えば、情報が伝達するサイクルを無限ループにできる。
Sumallyは、物の紹介をベースに、それを欲しい(want it)と思っている人、それを持っている(have it)人の情報を網羅していくプラットフォームになること。そして、eコマース上の新しい顧客接点を生み出すプラットフォームにSumally を育てていきたいですね。

濵渦伸次

濵渦
山本さん、いい人ですね!!
いやぁー、あまりにも論理的で、そんなにがんばって頂くと僕たちのサービスが提供できなくなりそうですよ・・・(笑)
最後に、アラタナにアドバイスといいますか、何か一言いただけますか。
山本様
サービスの目的で言えば、アラタナはEC運営者が使いやすいサービスを提供していくことで、Sumally は物の持つ魅力をインターネットを通して広げていくこと。
似て非なる、というのがまず思うことではあるけれど。。。
とはいえ、Sumally もまだまだサービスを拡大させて、ちゃんと成果をだしていきます。
ぜひ、交われる部分でコラボレーションできれば!
山本 憲資 様プロフィール
  • 株式会社Sumally CEO。
  • 一橋大学商学部卒業。大学卒業後、電通に入社。
  • その後コンデナスト・ジャパンに転職し、雑誌「GQ JAPAN」にて編集者に。
  • 2009年9月にコンデナストを退社。
  • 翌年2010年4月、「Sumally」を設立。
  • http://sumally.com/