メンバー
MEMBER

  • 黒木 るい

    Rui Kuroki

  • エンジニア ネットショップ開発

一人よりみんなでハッピーって感じる方がウルトラハッピーになれるもんね!
by キュアハッピー@スマイルプリキュア

所属 株式会社アラタナ ECマーケティング事業本部
こんな仕事をしています
カゴラボのカスタマイズが主な仕事です。

でもほんとは、
ネットショップを利用するお客様の購入意欲をそそり、
ネットショップのオーナーさんがニンマリするようなネットショップを作る!仕事
と心の中で思ってますw
アラタナってどんな会社?
・若い!
・楽しい!!
・のびのび!!!
・アツい!!!!
・みんなでイェーイ!!!!!
な会社だと思います。
これまでの経歴
・宮崎生まれ、宮崎育ち
 宮崎大好き!都会には住めない。
   ↓
・工業系高校卒業後、宮崎のシステム会社に就職
   ↓
・約5年システム作る
 東京に何ヶ月か住んで、やっぱり宮崎大好き!都会には住めない。
   ↓
・結婚&可愛い娘を出産
 子育て楽しいけど、働きたい
   ↓
・復職⇒また約5年システム作る
 いろいろあって
   ↓
・アラタナへ
 現在、入社4か月
   ↓
・福岡、北九州へ(リモート作業となる)
 

黒木 るい

このメンバーの裏話へ

クレド

クレドを知る?

215 * 300

新春書初め大会

Good & Thank You!このメンバーへありがとう!

福岡からのリモート接続での相談やミーティング参加をしています。
その中でも誰よりも意見や提案をしてチームの活気を盛り上げています。
いつもありがとうございます。

黒木 るい's GOOD & THANK YOU!

2人のアラタナメンバーが
黒木 るいさんに「GOOD & THANK YOU!」と言っています。

久保 裕之

黒木 るいさんの
現在のGOOD & THANK YOU!ランクは
信頼のブロンズクラスです!
今にも光り輝く原石を発見!

メンバー裏話

  • ura_main1
  • ura_main2
  • ura_main3
  • ura_main4
  • ura_main5
  • ura_mainthumb1
  • ura_mainthumb2
  • ura_mainthumb3
  • ura_mainthumb4
  • ura_mainthumb5

嵐を呼ぶ透明感

見た目も声もすごく透明感のある女性。
そんな第一印象ごと吹き飛ばす彼女は嵐だったのです!

メンバーをどんどん巻き込みグイグイ良い方向にぶっ飛ばしてくれる。
ほんの数ヶ月でここまでチームを活性化させ雰囲気もバッチリ良くするとは流石るい姉さんと言わざるを得ない。

これまでの経験や度胸でメンバーからの厚い信頼をガッツリ勝ち取って行く姿は
まさにハッピーストーム!

こんな嵐なら飲まれたい!

280 * 210

最愛の娘と☆

黒木 るいさんに聞いた5のこと

アラタナに入ってから今までで一番うれしかった思い出を教えてください。

アラタナに入ってから今までで一番うれしかった思い出を教えてください。

アラタナメンバーになれたこと
外から見てて楽しそうだったんですが期待通りでした!
みんな熱いし楽しいし若い!
日々みんなの情熱を感じながら仕事ができて幸せです!

メンバー裏話

彼らのしつけも私の担当です

これからのあなたについて教えてください。

これからのあなたについて教えてください。

遠くても気持ちは近くに
今後福岡からリモートで仕事をする予定です。
自分にとってもチャレンジでどうなるか未知数ですが、きっとアラタナメンバーとなら離れていることを感じさせない仕事ができるはず!

メンバーのこれから

リモートでも情熱は赤く!

お気に入りのもの

お気に入りのもの

天然石

パワーストーンとか昔は全然興味なかったんですけど
娘が外できれいな石を拾ってくるのをきっかけに自分もパワーストーン集めにはまりました。
特定の種類じゃなくて全般好きですね♪
ブレスレットとかもつくってます。

おすすめの本

おすすめの本

奇跡の言葉

出会いは高校の図書室。
言葉で励まされ、写真で癒され。

一番好きな言葉:
「天使は自分を軽く考えているから飛べる」

宮崎の好きな場所

宮崎の好きな場所

山海川自然のあるところ色々

木漏れ日が差し込む道を散歩したりとか最高です!
すごく癒されます。
ちなみに子供のころは家族で河原にテントを張ったり本格的なキャンプの経験もあります!

黒木 るいさんへの「メンバー裏ばなし。」インタビュー取材後記

川俣 孝司

エンジニア ネットショップ開発
川俣 孝司

おすすめの本『奇跡の言葉』僕も買っちゃいましたw 落ち込んだ夜はちょっぴり勇気もらってます。