会社概要
COMPANY

代表あいさつ

代表あいさつ

こんにちは、アラタナの山本稔(やまもと みのる)です。
ネットショップ専門のベンチャーとして2007年に設立されたアラタナは、ネットショップの構築やコンサルト業務に携わり、創業以来800社を超えるお客様にご愛顧頂きました。
お客様に寄り添い、お客様と共に成長を遂げてきたアラタナは「ネットショップの今と未来をアツくする」の実現へ向けて、よりいっそう精進して参ります。
今こうしてここでご挨拶させていただけるのも、アラタナが事業を続けていられるのも、皆様のおかげです。
いつもありがとうございます。心より感謝申し上げます。

地方での雇用拡大の意味

「自分たちが宮崎で働きたいと思える会社がないなら創ればいい!」
そんな気持ちで創業したアラタナだからこそ雇用や働くというテーマが切り離せません。

私たちの企業理念は「宮崎に1000人の雇用をつくる」ことです。

なぜ地方での雇用拡大にこだわるのか?
短期的に見れば、東京で事業を行う方がとても合理的です。しかし、長期的に見たときに「本当によいことか?」と問われると、「答えはそう簡単ではない」のではないでしょうか。今、日本が直面している人口減少や高齢化社会などの重大な社会問題と、企業の東京一極集中は因果関係があるのではないかと・・・
昨今の地方創生の流れは、日本の抱える問題解決策として注目を浴びており、私たちも、この一端を担いたいと考えています。

優秀な仲間を集めるために

私の経験上、都心部にいた人間にとって地方へのUIターンは、周囲から「セミリタイア」のように見られがちです。また、地方の人間が都心部に出るのも、地方に希望を感じないからということも多いと聞きます。私たちが、優秀な仲間を集めるために一番気を使っているのは、このような感情に配慮することです。

優秀な人ほど自身のキャリアは真剣に考えているでしょう。
だからこそ、優秀な仲間を集めるためには、地方に対する世間一般のイメージを払拭し、「宮崎でわたしたちがやっている仕事は日本でもトップレベルだし、あなたのキャリアを傷つけることはない。
むしろキャリアアップの場として、アラタナを使ってください」と言える環境をつくっていくことが重要だと考えています。

宮崎には都心部では得る事が難しい、時間や自然、気候など豊かな生活が得られます。圧倒的に足りないのは、自身のキャリアを形成できうる、東京に負けない、日本トップレベルの仕事です。
2015年3月に「スタートトゥデイ」と提携したことは優秀な仲間を集めるためでもありますし、これにより仕事の質・量共に急増しています。

アラタナは宮崎の発展に影響を与えつつあります

働いて「お金を得る」。働いて「スキルを高める」。ここまでは、どこでも得られるでしょう。アラタナでは、働いて「社会に感謝される」がプラスされます。
UIターン社員が50%を占める当社においては、雇用拡大が直接、宮崎に貢献する方法だと考えていましたが、それだけではありません。
創業時期の宮崎にはIT企業は少数でしたが、今や宮崎における雇用拡大の中心になりつつあります。そんな折、宮崎に進出されたIT企業の社長から「アラタナがあったから進出しやすかった」と言われた言葉がとても印象に残っています。
アラタナが宮崎で発展していくことで、間接的にも宮崎の発展に影響を与えられるのではと感じはじめています。

地方での雇用拡大は、地方創生の出発点だと考えていますし、宮崎のような小さな地方都市で実現できれば、他の地域でできない理由は無くなります。
そうなれば、アラタナは日本の発展に影響を与えうる企業になるかもしれません。
だからこそ、今後も「宮崎に1000人の雇用をつくる」に拘っていきたいと考えています。

株式会社アラタナ
代表取締役
山本 稔